チーム

Viptela はセコイアキャピタルに支援されたスタートアップ企業で、Fortune 500 企業がいかにネットワークインフラストラクチャを構築し保護するかについて根本的に変革を行っています。

praveen-headshot

Praveen Akkiraju、最高経営責任者

Praveen Akkiraju は Software Defined WAN 技術におけるリーディングカンパニー Viptela の最高経営責任者です。彼が率いるチームは、企業のユーザがネットワークのエッジとクラウド上のアプリケーションを接続するインフラストラクチャを劇的に簡単にすることのできるネットワークファブリックを開発しています。Praveen は過去25年の間に、データセンターや企業ネットワークにおいて10億ドル規模のビジネスをいくつか作り上げてきました。Viptela の前には VCE(Dell EMCの一部門)の CEO を務め、同社をコンバージド・インフラストラクチャ分野でシャア ナンバーワンに導き、売り上げを今までの3倍の21億ドルにまで引き上げ黒字化を成功させました。VCE の前は、19年にわたり Cisco のさまざまなルーティングプラットフォームビジネスを率い、最終的には Cisco のエンタープライズ ネットワークグループの上級副社長兼ゼネラルマネージャを務め、数十億ドルの ISR 及び ASR プロダクトラインのビジネスの戦略とビジネスの再構成を成し遂げました。Praveen はルイジアナ州立大学で電気工学の修士号を取得しており、ハーバード・ビジネス・スクールの卒業生でもあります。またMist、Mosiaxsoftといった企業や非営利団体である Industry Initiatives for Science & Math Education (IISME) ののアドバイザリボードを務めています。

Amir Khan, Co-founder and CEO

Amir Khan、共同創立者兼社長

Amir Khan は、企業とサービスプロバイダーの両方のセグメントにおいて、数十億ドルの製品ラインを取り扱ってきたという強力な実績を持つネットワーク業界における 20 年以上のベテランです。Amir は、Viptela の前に、Juniper の MX および M シリーズルーターの企業向けルーティングビジネスおよび製品管理を担当しました。Juniper の前には、Cisco の製品管理担当ディレクターとして勤務し、MPLS、ルーティング、QoS およびスイッチングやルーティング製品用のマルチキャストテクノロジなど、IOS の重要なコンポーネントを牽引しました。また、収益が百億ドルを超える有線および無線製品ラインの次世代キャンパスソリューションの製品戦略責任者を歴任しました。その前は、Procket Networks および Bay Networks の製品管理担当ディレクターでした。Amir は、コロラド大学ボルダー校のコンピュータエンジニアリングの理学修士を取得しています。

 

Khalid Raza, Co-founder and CTO

Khalid Raza、共同創立者兼 CTO

Khalid は以前、Cisco の最上級エンジニアでしたが、ルーティングプロトコルの先見者として有名です。Khalid は 20 年を超える職歴の中で、グローバル Tier-1 キャリアおよび Fortune 100 企業向けネットワークを設計し、医療業界向けの革新的なグリッドソリューションを定義することに尽力してきました。また、Cisco 認定の以下の最優秀賞を授与されています。Cisco 認定アーキテクト(CCAr)および Cisco 認定設計エキスパート(CCDE)最近では、ヒューレット・パッカードにより最優秀科学技術者として表彰され、同社の次世代データセンターのビジョンおよび Wide Area Network アーキテクチャを作成しました。Raza は、Border Gateway Protocol(BGP)および Open Shortest Path First(OSPF)の特許を保持しており、「Large-Scale IP Network Solutions(大規模 IP ネットワークソリューション)」という題名の書籍の著者でもあります。また、NED の電気工学の理学士号およびウィチタ州立大学の理学修士号を取得しています。

 

Venu Hemige, Vice President of Engineering

Venu Hemige、エンジニアリング担当副社長

Venu Hemige は、ネットワーク業界の製品エンジニアリングにおいて約 20 年間、優秀な記録を持っています。Viptela に入社する前は、Alcatel-Lucent の CDN およびビデオエンジニアリングのディレクターであり、Alcatel-Lucent の 7x50-SR サービスルーターのさまざまなビデオ機能を設計し、開発しました。また、Alcatel に買収される前の Timetra Networks の初期の従業員として、今日では約 30 億ドルの年間収益をもたらす 7X50 Series Service Router の開発に関与しました。また、Venu は、多くのサービスプロバイダーネットワークの IPTV 展開において重要なコンポーネントである Timetra の IP マルチキャストプロトコルスイートを設計し、開発しました。Timetra に入社する以前、Venu は Bay Networks/Nortel のプリンシパル エンジニアとして Accelar 8100 Layer 2 スイッチング製品を担当しました。Venu は、モンタナ大学のコンピュータ科学の修士号および国立工科大学カルナータカ校のコンピュータエンジニアリングの学士号を取得しています。

harris3team

Russ Harris、オペレーション担当上級副社長

Russ Harris はビジネスオペレーション、製造、ワールドワイドの製品流通に関して17年の経験を持っています。Viptela の前には呼吸分析技術のグローバルな提供者である Breathometer 社の社長兼最高執行責任者を務めていました。また、Harris はネットワーキングベンダーのエシュロン(NASDAQ: ELON)ではオペレーション担当上級副社長として300以上の製品及びコンポーネントの製造、原材料の調達、在庫管理、流通、品質、技術サポート、トレーニング、コスト削減などに関する責任者でした。エシュロンの前には NetDynamics 社の副社長、及び SGI 社のオペレーション部門部長などを務めました。Harris はスタンフォード大学の産業工学に関する学士及び修士号を持っています。

Ramesh Prabagaran, Vice President of Product Management

Ramesh Prabagaran、製品管理担当副社長

Ramesh Prabagaran は、通信事業者や企業に特化した市場向けに前例のない革新的なネットワーク製品をもたらした実績を持ちます。Ramesh は最近まで Juniper Networks の製品ラインのシニアマネージャであり、企業およびデータセンター向けのルーティング製品(M および MX シリーズ)と WAN に焦点を当てた Fortune 100 企業向けソリューションの製品ビジョンを確立しました。また、Juniper のミッドレンジルーティングプラットフォーム(MX5-MX80)を発売し、2 年間二桁成長を維持するという素晴らしい実績を示しました。Ramesh はアクセスおよびモバイルバックホール(ACX シリーズ)について Juniper 製品の戦略を定義しました。またそれ以前に、エンジニアリングチームを基礎から立ち上げ、Juniper ルーター用にレイヤ 3-7 サービスを提供できるまで育てました。Ramesh は、カンザス大学のコンピュータエンジニアリングの理学修士および UC バークレー校のハーススクールオブビジネスの経営管理修士を取得しています。

Pepe (Joseph) Garcia, Vice President of Systems Engineering

Pepe(Joseph)Garcia、システムエンジニアリング担当副社長

Pepe Garcia は、ソフトウェア仮想化、ネットワークアーキテクチャおよび製品に 20 年にわたり深くかかわっています。それに先立って、彼は Nicira(ネットワーク仮想化および SDN で業界をリードする企業であり、後年 VMware によって買収された)の製品管理担当ディレクターであり、主力製品 NSX の開発で重要な役割を果たしました。Nicira 以前には Juniper Networks の製品管理担当ディレクターであり、データセンターおよび企業ネットワークチームのために製品および販売戦略を定義しました。Juniper に参加する前、Pepe は、すべてのルーティングおよびスイッチング製品ラインにまたがる QoS の重要なコンポーネント、IP-MPLS ルーティングプロトコルおよびインフラストラクチャに焦点を当てた Cisco の IOS の戦略と開発を管理し、Catalyst 6500 および 802.11/WiMax 製品ライン向けの製品を定義するという重要な役割を果たしました。その前にはヒューレット・パッカードで、最初のインターネットデータセンターおよびグローバルルーティングおよびセキュリティインフラストラクチャの設計および実装を担当するネットワークアーキテクトでした。Pepe は、スタンフォード大学で電気工学の学位を取得しています。

 

James Winebrenner, Vice President of Sales

James Winebrenner、販売担当副社長

James Winebrenner は、セキュリティとネットワークの両業界においてグローバルセールス管理、ビジネス開発およびテクニカルマーケティングで 12 年を超える経験を積んでいます。また、最近まで Cisco のファイナンスサービスデビジョンの販売担当ディレクターとして、最上層の金融顧客を担当し、困難な販売目標を一貫して達成するという評価を得てきました。それ以前は、Siegework で Fortune 200 顧客を担当する主要顧客チームを監督し、Fishnet Security との企業合併における販売移行とビジネス開発チームを主導しました。その前には、Network Presence のコンサルティングサービス担当副社長として、セキュリティサービスの収益性を大幅に改善する際に重要な役割を担いました。さらに遡ると、Check Point Software Technologies の販売、ビジネス開発、技術マーケティングのリーダーとしての役割を担いました。また、James は Certified Information Systems Security Professional(認定情報システムセキュリティプロフェッショナル)(CISSP)としてのプロフェッショナル認定書を保持しています。

 

Atif Khan, Vice President of Technology and Customer Support

Atif Khan、Technology and Customer Support 担当副社長

Atif Khan はネットワーク業界で 20 年以上の経験を持ち、Fortune 500 企業および主要なサービスプロバイダーの多くのネットワークを設計し、サポートしました。彼は Huawei U.S.、Juniper Networks、Procket Networks(Cisco が買収)、Timetra(Alcatel Lucent が買収)、および Cisco のシニアカスタマサポート、製品管理、およびネットワーク設計コンサルティングの職位を持ちます。彼は最近まで、Huawei U.S. の Carrier IP Products(キャリア IP 製品)部門の製品管理担当ディレクターとして、北米市場における製品の方向性を定義していました。Atif の経歴には、Procket Networks Pro/8800 Series ルーター、Timetra 7750 Series ルーター、および Juniper Networks MX/T Series ルーターを含む、多くの優れたキャリア IP のコアおよびエッジ製品要件の定義、展開、およびサポートが含まれます。

Nehal Bhau, Chief Software Architect

Nehal Bhau、チーフソフトウェアアーキテクト

Nehal Bhau は、広範囲のネットワーキング領域にわたって18年を超える起業およびソフトウェア開発経験を Viptela にもたらしています。Viptela に入社する前は、Alcatel-Lucent(以前のTiMetra)の IP 部門でプリンシパルエンジニアおよびディレクターを務めました。Alcatel-Lucent の BGP チームを率い、OSPF、BGP、レイヤ 3 VPN、レイヤ 2 VPN およびマルチキャスト VPN の領域でいくつかのルーティング機能を設計および実装しました。さらに、Arbor Networks の脅威管理システムを 7750 ルーターに統合するチームも率いました。Alcatel-Lucent に参加する以前、Nehal は Cisco の IOS および IOS-XR ルーティングチームの技術リーダーでした。IOS-XR ルーターのルーティングポリシー言語やキャリアクラスの高可用性など、さまざまな重要な機能に貢献しました。これらは、今日のインターネットの多くに影響しています。Cisco 以前、Nehal は、AYR Networks(Cisco)、Tasman Networks(Nortel)、および 3Com でシニアエンジニアリングの立場で、レイヤ 2 プロトコル、デバイスドライバから、ユニキャストおよびマルチキャストルーティングプロトコルまで多様な領域に取り組みました。Nehal は、南カリフォルニア大学でコンピュータ工学の修士号を取得し、キャリアの原点として、有名な Information Sciences Institute(ISI)でコンピュータネットワークの仕事に携わりました。