リソース

今後予定されているウェビナー

SD WAN へマイグレーションする際のベストプラクティス

多くの企業が大規模な SD-WAN による変革を行ったでしょうか? ネットワーク管理者であるあなたが SD-WAN について考えいるのであれば、本番環境でのパイロット適用から大規模サイトへの展開していく際のベストプラクティスはとても参考になるはずです。

ケーススタディ

Fortune-500 に選出された小売業者の SD-WAN への移行

アナリスト Lee Doyle は、1400 サイトを SD-WAN に移行させたグローバルな小売業者にインタビューしました。そこから分かった事は、移行決断の主な要因がセグメンテーション、集中管理、および堅牢なセキュリティだったことでした。

WAN のアーキテクチャと設計のガイド

この電子ガイドでは、Viptela の技術を使用して SD-WAN へ移行する手順を説明します。Jim Metzler は、典型的な WAN 関連のビジネス課題をかかえる架空の企業の問題を想定します。

使用事例

トランスポート非依存 VPN

MPLS レイヤ 3 VPN は、支社のトラフィックの大部分が企業のイントラネット境界内で流れていたときに設計されました。しかし、新しいアプリケーションやクラウドサービスモデルによってトラフィックパターンが変化してきています。Software-Defined WAN(SD-WAN)テクノロジにより、企業は、MPLS、ブロードバンドおよび 4G/LTE 上に集中管理された統合 WAN を構築することができます。

エンドツーエンドのネットワークセグメンテーション

企業内トラフィックのセグメンテーションおよびセキュアな隔離は、攻撃に対する防御および機密データの保護のために重要です。また、セグメンテーションにより、異なる特性を持つ複数の論理トポロジも可能になります。Wide Area Network 上で VLAN を展開するために実際に利用可能なオプションはありません。しかし、SD-WAN はこれをシームレスに実現します。

ビジネスパートナーネットワーク

企業は、パートナーと通信しつつ、それ以外のネットワーク部分から確実に遮断することにより、機密リソースを保護し、機密漏洩を防止する信頼性が高い方法を探しています。セグメンテーション、ポリシーの一元管理、および自動認証管理などの機能を持つ SD-WAN テクノロジは、これらの要件を満たします。

ネットワーク-サービス挿入/サービスチェイニング

今日の企業ネットワークにおいてファイアウォール、ロードバランサおよび IPS などのレイヤ 4-7 ネットワークサービスを有効にすることは、数週間または数ヵ月間を要する複雑なプロセスです。SD-WAN を使用すると、ネットワークサービスを数ヵ所に集約し、ネットワーク全体で広告することができます。ポリシーの一元管理により、トラフィックをこれらのサービスにオンデマンドで送信できます。

クラウド/SaaS 用に最適化されたインターネットパフォーマンス

AWS、Salesforce、および Office365 などのクラウドアプリケーションは、WAN の 2 つの欠点により、今日の企業ネットワークにとってパフォーマンスが不足しています。欠点の 1 つは帯域幅の不足によるものであり、もう 1 つは一元管理された DMZ を介したトラフィックパスの非効率性によるものです。SD-WAN はこれらの問題の両方を解決します。

ビデオ

ポッドキャスト

ニューヨークからのライブ:ネットワークアーキテクトが SD-WAN について語る

Packet Pushers の Greg Ferro と Ethan Banks の 2 人が、SD-WAN を大規模に試験し展開している Fortune-500 企業のネットワークおよびセキュリティ担当のアーキテクト 3 人にインタビューします。トランスポート非依存 WAN、集中管理、視認性およびアプリケーション対応ルーティングの重要性を説明します。また、これらの企業が SD-WAN アーキテクチャからどのような利益を得たかについても説明します。

 

Packet Pushers による Software Defined WAN

SDN が急速に注目を集めるなかで、優れた使用事例としてSD-WAN が頭角を現しています。WAN の古いアーキテクチャが企業アプリケーションに深刻な悪影響を与えており、WAN の最適化は短期的な容量の問題しか解決することができません。有名なアナリスト Greg Ferro と Ethan Banks は、回線コスト、ネットワークの柔軟性の欠如および貧弱なクラウドパフォーマンスの重大な問題を解決するために、根本的な解決策を探ります。

 

SDN で無理やりハイブリッド Wan 接続性を実現すると・・

業界の重鎮 Ivan Pepelnjak と Khalid Raza は、DMVPN、IPsec、PfR、および OSPF、EIGRP、BGP などのルーティングプロトコルをランダムに組み合わせて使用するハイブリッド WAN の設計について膨大な時間を費やして議論を交わした過去を振り返ります。今日の SDN ベースのアーキテクチャがもたらす利点について論じ、なぜ SD-WAN が頭角を現し、最終的に多くの WAN の問題が解決されたかを説明します。

 

ホワイトペーパー

WAN のビジネス課題

古い WAN アーキテクチャは、柔軟性に欠けていて、複雑であり、非常に高価です。これでは企業アプリケーションのニーズを満たしません。SD-WAN テクノロジは MPLS WAN の進化系です。このソリューションにより、企業はコストを大幅に低減させ、時間を最大限有効利用し、堅牢な暗号化メカニズムを使用する新しいサービスを可能にします。

Software-Defined WAN のアーキテクチャ

この Network World ペーパーは、WAN の主要な課題およびネットワークを変換するためのアーキテクチャの要件について説明します。Software-Defined WAN(SD-WAN)が現在ビジネスにとって必要不可欠であるという Zeus Kerravala の主張に基づき、SDN ベースの原則によって、どのように費用対効果と柔軟性の高いソリューションが可能になるか説明します。

データシート

h

Viptela SEN ソリューションデータシート

Viptela Secure Extensible Network(SEN)ソリューションは、ルーティング、セキュリティ、一元管理ポリシーおよびオーケストレーションの完全な統合によって大規模な WAN を構築する最先端のソリューションです。SD-WAN ベースの原則を使用して、企業は、費用対効果が高く、運用管理が容易で、ビジネスと IT 間の接続が切断されることのないネットワークを構築します。

h

vEdge データ シート

Viptela vEdge ルーターは、支社、データ-センター、およびキャンパスなどのサイト間の接続性を提供するハードウェアルーターです。vEdge ルーターは、Wide Area Network(WAN)上にセキュアなオーバーレイネットワークを構築し、ルーティング、パケット転送、暗号化、QoS、ポリシー、管理および ACL 機能の必須機能を提供するのに役立ちます。